A-Studio8代目アシスタントの森川葵さんについて調査していました。

森川さんを実際に検索するとなぜか「森川葵 ベロチュー」というキーワードの検索が多いんですよね。

これだけ見ると
森川葵の熱愛記事かな?
と思うのですが、実は違うんですよね。

どうやら森川さんが過去に出演した作品が関係していることが分かりました。
しかも、その作品について調べてみると森川さん、
かなり体張っていることが分かりました。

A-Studioと森川葵のベロチュー、一見すると全く関係なさそうなこの2つの言葉、
実は意外な関係を私は見つけてしまいました。



スポンサーリンク



森川葵のベロチューの真相とは?まさかそんなことまで!?

冒頭にも触れましたが、森川葵さんのベロチューはプライベートの話ではなく、
森川さんの出演作の話です。

その作品とはドラマ「監獄学園(プリズンスクール)」です。

森川さんは監獄学園では生徒会(正しくは裏生徒会)の書記・緑川花を演じています。

花は一見するとゆるふわ系女子ではあるのですが、
実は空手の達人であり、彼女の機嫌を損ねれば即蹴りで瞬殺されます。

問題のベロチューはこのドラマの主人公の藤野清志、
通称キヨシ(中川大志)とのシーンです。

しかし、その内容を見ると良い雰囲気からのラブシーン、
という王道の流れではありません。

※あまりにも過激すぎる内容のため、詳細はこちらをご覧ください。

このシーンは原作の漫画でも描かれてはいるのですが、
あまりにも忠実すぎる再現度に原作ファンも大絶賛するほどでした。

森川葵は体を張りすぎる!?A-Studioのアシスタントに最適!?

実は森川さん、「監獄学園」に限らずかなりドラマや映画では体を張っています。

私がドラマで初めて森川さんを知ったのは、
TBS系列で放送されたドラマ「表参道高校合唱部!」でした。

この時のイメージは女子力が高いながらも
どちらかというとボーイッシュなイメージがあったんですよね。

しかし、他の森川さんの出演作を見ると全くイメージが変わりました。
例えば、こちらの作品を見てみましょうか。


動画は森川葵さんと中川大志さんのW主演の
映画「通学シリーズ 通学途中」の予告映像です。

同じ女子高生役でも「表参道高校合唱部!」とは全く違うイメージですよね。
※それを言ってしまえば「監獄学園」の花のイメージとも違いますが。

これだけ役柄が全く違えば、
本当の森川葵ってどんななんだろう?
と気になってしまいますよね。

それだけ体を張っている森川さんだけに
今回のA-Studioのアシスタントは最適と言えるでしょう。

A-Studioの持ち味はMCの笑福亭鶴瓶さんの
ゲストの意外な部分に切り込みすぎる
絶妙なトークはもちろんなのですが、それだけではありません。

やはりアシスタントもA-Studioの魅力の一つなんですよね。
A-Studioのアシスタントは単純に鶴瓶さんのサポートというわけではありません。

むしろ結構アシスタントも素を出していますよね。

そういう意味では森川さんの「体当たりな」部分は
A-Studioのアシスタントにピッタリと言っても良いでしょう。

何より
森川葵の素の部分が見られる
というだけで2016年4月からのA-Studioがかなり楽しみです。

・・・もちろん、早見さんのA-Studioの卒業が非常に惜しいのは言うまでもないですが。



スポンサーリンク



 カテゴリ

 タグ